30kouw

摂取カロリー<消費カロリーになるように活動量計を使ってダイエット!自己管理がうまくいけばダイエットは成功します。

  • 投稿日:2015/10/09
  • yolo-101さん
  • 女性
  • 37歳
  • 1 views

スポンサードリンク

出産を機に体型が崩れ、育児のストレスに、ついつい、つまみ食い。

そんなことを続けているうちに、見る見る間に肥満体型に・・・・・・!

これまで様々なダイエットに挑戦しては失敗を重ねてきた私が実践して成功した『美しく健康的に痩せるダイエット』、その方法をこれからご紹介します。

名付けて、自己管理ダイエット。

考え方は、ごくごくシンプルです。

まず、「痩せる」ことを考える前に、「太る」というのがどういう状態かということをまず考えてみましょう。

すると、「太る」ということは、すなわち、「摂取カロリー>消費カロリー」を意味することがわかります。

ならば、痩せるためには?

答えは簡単です。

「消費カロリー>摂取カロリー」にすれば良いのです。

そのためにまず私は、活動量計を購入しました。

東芝のActibandです。

これは、リストバンドタイプでスマートフォンと連動して、腕時計のように手首に装着して生活するだけで、その日の歩数、消費カロリー、睡眠時間がいつでも見たい時に確認出来るものです。

また、体重、血圧、その日の食事内容と摂取カロリーも入力出来るようになっており、日々のデータの記録もずっと残されていきますので、自分の健康状態を把握出来るうえ、かつ、目標設定機能も付いているため、その日の消費カロリーを目で見て把握して、目標に向けて自己管理することが可能になっています。

ですので、活動量計を見て、摂取カロリーが消費カロリーを上回っている時は、運動することを心がけます。

運動と言っても、その時、その場所にいて出来ることです。

例えば、通勤時、2駅くらい前で下車して歩く。

エレベーターを使わずに階段を上る。

買い物や室内など意識して歩く、など。

どうしても運動することが難しいようならば、次の食事の摂取カロリーを控える。

とにかく、消費カロリー>摂取カロリーになればいいのです。

そうして、常に自分のその時々の健康状態を把握し、意識しながら食事と運動を心がけることで、なんと3ヶ月でストレス食いやドカ食いをすることなく、自然に無理なく健康的に痩せることが出来ました。

次に目指したのは、美しく、ということです。

フィギュアスケートの浅田真央選手やモデルさんのような美しく引き締まった体。

それを目指すためには、ある程度、インナーマッスルを鍛えることが重要だと思いました。

美しく痩せるためには、良質なたんぱく質も必要です。

そこで、ザバスのソイプロテインを購入。マッスルボディーになるのではなく、引き締めたい体用のプロテインを毎日飲み続けました。

プロテインには、大豆の他、ビタミンB群、ビタミンCも含まれています。

忙しい朝、つい朝ご飯を抜いてしまいがちですが、あえて、朝にプロテインを飲み続け、毎日、朝食>昼食>夕食を心がけ、空いた時間でストレッチや適度な筋トレを心がけました。

こうして、日常の生活の中で、常に摂取カロリーと消費カロリー、運動を意識することで、私は、楽しみながら、健康的に美しく痩せることが出来ました。

スポンサードリンク
下のボタンからこの記事を簡単にシェアできます

この記事に関連するキーワード